貧困学の確立:分断を超えて

menu

 

研究領域の目的

本領域研究の最終目的は、日本における「貧困の研究」を学術領域として確立させることにあります。そこで、総括班の役割として、本領域研究の終了時には、

  1. 貧困の共通理解と定義が確立されており、
  2. それを用いたさまざまな学術領域の研究が蓄積されており、
  3. 異なる学術領域にて貧困研究を行っている特に若手の研究者の横のつながりができており、
  4. 「貧困学」を普及させる媒体と母体が構築されていることを目指します。

領域概要